「クラリスタ」フィルム使用上の留意点

「クラリスタ」は、特殊なウェットコーティングバリア材をプラスチックフィルムにコートしたフィルムです。非常に安定かつ優れたバリア性、高い透明性を持っていると同時に、優れた加工適正(印刷、ラミネート等)を持っていますが、本来の性能を損なわないよう取扱いに際しては以下の点にご注意ください。

保管

  1. 水に濡れるような場所、高温多湿な場所では保管しないでください。
  2. 出荷時と同じく横置きにて保管してください。また、パレット上に保管することをお勧めします。
  3. ロールを移送する場合、衝撃に注意してください。 衝撃により発生した痕跡は、印刷またはラミ ネートの際にその部分に跡が生じ、外観不良の原因になる可能性があります。

加工

  1. 「クラリスタ」の塗工面に擦り傷が生じますと、バリア性が低下する場合があります。特に、ドライラミネートでの接着剤塗布行程、グラビア印刷でのインク塗布行程等では注意してください。
  2. 「クラリスタ」は、濡れ性が良好のため、特に印刷・ラミネートに際してコロナ処理を行う必要はありません。
  3. クラリスタ」の接着剤としては、2液型ポリエステル系ウレタン接着剤を推奨します。接着剤のタイプ・加工条件によって接着強度に差が出ますので、事前の予備検討を行ってください。

その他

  1. 使用したフィルムのロットナンバー及びラベルは記録や保管をし、万が一不良が発生した場合には、 弊社にご連絡ください。不良原因の調査・把握を行い、対応致します。
  2. 上記の内容は全て弊社の知見による一般的な使用上の留意点であり、保証書ではありません。以上